犬の白内障の特徴

今回は犬の白内障についての特徴など記載させて頂きます。

白内障の症状につきましては犬も人間も特徴としては類似した点が多くございます。

あなたの周りにも高齢になり、白内障になってしまったという方々もいらっしゃるかと思いますが、目の水晶体が白く濁ってしまう病気ですが、犬の白内障も同じです。

ただ、人間に比べて治療する幅が狭いのも事実です。

手術を選択される方もいらっしゃいますが、犬の手術は人間と比較して、施術可能な医師が少ないなど難易度が高いものでもあるようです。

しかしほっておくと視力障害になり、散歩中壁にぶつかってしまうなど、ケガに繋がってしまうこともあるので、はやめに治療したいものです。

老犬だけの病気ではなく、子犬のうちに発症することもあります。

また白内障には主に2種類に分けることができます。

先天性白内障と後天性白内障です。

先天性白内障

先天性白内障は遺伝によるもので、生後2ヵ月程度には発症してしまいます(またその後1歳程度までに発症の白内障は若年性白内障といわれております)

後天性白内障

加齢による加齢型白内障、水晶体に傷がついてしまうことで起こる外傷性白内障ながあげられます。

 

治療方法

①手術

主な手術内容としては、白く濁った水晶体を取り、人工レンズを入れます。

犬の水晶体は厚くて丈夫なのでそれだけ手術の時間もかかります。全身麻酔による体への負担はもちろんのこと、眼球へ大きな負担をかけるリスクもあります。

しっかりとお医者様と相談して判断することが大事になります。

 

②点眼薬を使用する

主に白内障の点眼薬として挙げられるのが、カタリン、カリーユニなどが含まれている、ピノキシレン系点眼薬です。

これらはあくまで進行を遅らせる程度であるといわれています。
流通しているサプリメントなども同じことがいえます。

ここでもう一つご紹介したいものが、クララスティルです。

こちらフランスのマークバビザエフ博士により開発された目薬で、抗酸化製剤のNアセチルカルノシンを成分とした点眼薬です。

個人差はあるものの、前述した点眼薬と比べ、白内障の治療に

期待できる可能性がございます。

実際の利用者の声などでも、サングラスを使用して外出していたが

やることができたなどという声もあげられております。

 

白内障は進行具合によっても、改善する可能性も変わっていきます。

なにごとも早期発見することが重要になってくると思いますので、日頃より自分

の愛犬の状態を確認し、異常があれば対応していきましょう。

 

 

 

ドッグクララスティルの評判

 

ここまでドッグクララスティルの商品について書かせて頂きましたが、実際にドッグクララスティルを使用しているお客様はどんな感想をお持ちなのでしょうか。

ドッグクララスティルの評判をご紹介させて頂きます。
まずは、効果があったという声からご紹介いたします。

☆通常購入を行っています。1、2ヵ月目はなかなか効果が表れず不安になりましたが、使用して3ヵ月が経つと、目の濁りが薄まってきました。散歩時の歩くスピードなども速くなり、効果を実感しております。(22歳 男性)

☆通常購入から定期コースへ変更しました。仕事などで忙しいと容量用法通りに使用することも難しい日もありましたが、継続して使用していくことで効果が見え始めました。海外からということで、偽物なのかもと不安もありましたが、毎回きちんと届いて安心しております(30歳 女性)。

次に、残念ながら効果が表れなかったという声もご紹介いたします。

☆通常購入で使用しておりましたが、効果が現れず退会致しました。
長い期間使用してみれば、効果が現れた可能性もあったのかもしてませんが、高価な為、なかなか継続して購入は考えられませんでした。

☆手術を選択致しました。目薬で治療できるならそれに越したことはなかったのですが、効果が現れるか半信半疑なのもあり、続けての購入に至ることができませんでした。

クララスティルを使用されている方々の声をご紹介させて頂きましたが、
効果があったという方の多くは、使用して3ヵ月程度から効果が現れたという方が多いみたいですね。速攻性のあるものというよりは、ある程度の期間が必要になってくるのかもしれません。

購入を中止したお客様に関しては、金額面などの問題も判断材料の一つになっているようです。

金額に関しましては、正規品といいうことも踏まえると、仕方ない部分もあるのかもしれませんが、ポイントに使用や不定期に行われるキャンペーンなどで金額を多少抑えられることもあるみたいですので、併せてチャックしてみるものいいかもしれませんね。

ドッグクララスティル公式サイトはこちら

 

犬ラスティル

 

ドッグクララスティルってどんな目薬?

皆さん、ご存じでしょうか。

最近ネット上で、ドッグクララスティルという犬の白内障に効く目薬が話題になっています。

 

犬ラスティル

 

 

なぜそれほど話題になっているかと言いますと、これまでそのような白内障に効果がある薬が、世界中どこにもなかったからです。

まさに画期的な薬なんです。

白内障という病気は人間同様、犬もなります。

白内障という病気は多くの人がかかる病気ですので、耳にしたことはあることと思います。

しかし、これまで白内障に効果のある薬が一つも存在しなかったということをどれほどの人が知っていることでしょう。

おそらく、白内障にかかったことのある、あるいは周りで白内障の人がいる人でなければ、とんどの人が知らないことではないかと思います。

そう、これまで白内障に効果のある目薬は一つも存在していなかったのです。

そこに突如登場したのが、このクララスティルなんです。

犬用の場合はドッグクララスティルといいます。

フランスなどではすでに早くから市販されていたようですが、アメリカでも2010年9月に特許が承認されて、その確かな効果と、画期的な発明であるということが認められました。

マークバビザエフ博士によって開発された白内障用の点眼薬です。

2019年8月現在22万本突破しているロングセラー商品となっております。

実際にどの程度効果があるかと言いますと、一日2回、三ヶ月間使用した臨床試験の結果、90%に視力の改善が見られたそうです。

また41,5%に水晶体の濁りが改善し、透明性を取り戻すことができたと発表されています。

しかも、副作用もほとんどありません。

残念ながら、日本ではまだ厚生省の承認が出ていませんが、今年からネットなどを通して輸入が可能となりました。

一か月分で12800円と、ややお値段はしますが、画期的な薬であるということと、手術をしなくて良いというメリットを考えれば、決して高いとは言えないと思います。

もともとは、人間用として開発されたものですが、10年にわたる開発の段階で動物実験を行い、犬にもとても効果があることがわかり、ドッグクララスティルとして販売するようになったようです。