ドッククララスティル

 ドッグクララスティルはいくらかかるのか、調べてみました。
 ポイント付き通常購入(1セット=2箱(1箱1本))で、税込み送料無料で12800円。
 そのあとからの定期購入コースだと1セット12800円が、10500円に。
 私のおこづかいでは到底買えません。
 父に相談してみたいと思っていますが、普通に頼んでも許してはもらえないでしょう。
 しかし、モコのことを誰よりも愛しているのは母なので、まずは母に相談を持ちかけて、それから父に直談判しようと思っています。
 父も、母と私からのお願いだといえば、そしてモコのためでもあると説明すれば、判ってもらえるはずだと、そう思うのです。
 初めてモコに会ったときも、母と私が協力して父を説得し、モコを家に招いたこともあるので、たぶん大丈夫な筈、なのですが。
 そもそも、父もモコのことを影でこっそりと可愛がっているのを、私は知っています。
 そして、モコが最近眼の調子がおかしいということも判ってくれているので、ドッグクララスティルの購入の件も、判ってもらえると思うのですが。
 ドッグクララスティル1本で30日分。2本入りなので、2ヶ月分で1万円ちょっと。
月5千円でモコの白内障が改善される…そう考えたら、父も納得してくれるはずです。
 でも、買うからにはもっと安く買えるはず…と、ネットで調べてみましたが、ドッグクララスティルと同成分やパッケージの偽造品が出回っているそうです。
 「同成分の医薬品と見せかけた模造品による購入トラブルが多発しています。製造責任や法人実態不明な会社が多く非常に危険ですのでご注意ください」とのこと。
 医薬品として承認されているEU圏以外からの発送は非合法の疑いと模造品の可能性が高いそうです。オフィシャルサイトは、EU圏フランスに登記している法人なので、安心していいのだそうです。
 「安かろう悪かろう」では、モコがかわいそうです。安心して信頼できるところから購入したいと思っています。何とかして父を説得しなければ。

願えばかなう。

 願えばかなう。
それは奇跡とも呼ばれますが、奇跡を呼び込むためには、奇跡を信じるために、強く強く願う力が必要なのかもしれませんね。
 私は中学3年のときに、進路に迷っていました。
迷っていたのは学校をどちらにしようかで悩んでいたのですが。
 商業高校へ進学しよう、とは決めていました。
ただ、家から遠くて偏差値の高いO商業と、家から近いけれど偏差値の低いI商業とのどちらかで悩んでいたのです。
 O商業は、勉学に励む部分が強く、学内を見学したときも、おとなしくてしっかりした生徒さんばかりで、いい環境だな、そう思いました。
 一方、I商業はとにかくにぎやかで、活気があふれているといえば聞こえはいいですが、
おちつきがない生徒さんばかりだった印象が強かったです。
勉学に励んでいる、とはお世辞にも言いがたい環境でした。
 それでも、試験に向けて勉強に励まなくては。と、夕方から深夜まで試験勉強に励んでいました。
正直に言えばO商業に合格するために、というほうがウエイトが高かったのですが。
 そんな中、2学期の終わり頃、清掃中に担任が「I商業でよかったら推薦してみるけど、どうする?」と急に言われ、
動揺してしまいましたが「お願いします」と何とか返事を言えました。
 推薦入試というのは、面接のみで試験の合否を決定するもので、正直ラッキーだと思いました。
 しかし、推薦入試の日が近づくにつれ、緊張の度合いが増してきて、えもいわれぬプレッシャーに胃が痛くなったりもしました。
愛犬モコに癒される余裕もなくて、ただひたすら面接に向けての心構えや練習をくり返していました。
 そして推薦入試当日。
緊張しすぎて、どんな応対をしたのか覚えていません。記憶から抜け落ちてしまったような感じです。
 それからしばらくして、担任から「推薦入試で合格したぞ、おめでとう」と告げられ、願いがかなったんだ! 
と、とても嬉しかった事は覚えています。
 だから、モコの白内障も願えば治る! そう信じることにしました。