白内障 手術以外の方法

 あれからさらに調べてみたら、いろいろな事がわかってきました。きっと私たちの願いがかなったのかもしれません。
犬の白内障に詳しい、良い獣医さんから教わりました。
 
モコのように4歳から発病する犬も最近では少なくないようです。
そのような犬に、獣医さんが方する「カリーユニ」と言う目薬があるそうです。
この目薬は人間の白内障患者にも多く使われていて、中にはあまり犬には効き目がないと思われる獣医さんもいらっしゃるようです。
ですが、この点眼薬は白内障の進行を遅らせるには良いと言われていますとのことでした。
 手術をすると言うとお金がかかるばかりでなく、いろいろリスクも多く、白内障は全身麻酔をするため、中にはこの麻酔だけで死亡する犬もいるとのこと、そうなっては大変な事になります。
そして日本にはまだまだ、白内障の手術をしてくれる獣医さんも少なくて、そのような事を考えると、この目薬は選択のひとつにしても良いのでは・・・とも思いました。
 
 そしてもうひとつの目薬は「ドッククラスティル」と言うものです。
これは、目の中で天然のアミノ酸、カルノシンに転換し、目の水晶体の酸化を抑制する、Nアセテルカルノシン溶液を1%含有する点眼薬だそうで、現在アメリカで特許を承認され、ヨーロッパでは安全規格を取得しているそうです。
 人間や犬は体内諸器官の酸化を抑制するカルシノンというアミノ酸を自分の体内で生成する機能を持っていますが、高齢の犬となるとカルノシン生成機能が衰退して水晶体の酸化を止められなくなって、白内障を発病するそうです。
Nアセテルカルノシンは合成されたアミノ酸でこれが点眼により目に入ると天然のカルノシンに転換し、若いときのように水晶体の酸化を抑制し、回復させる事がわかりました。
 このように調べてみるといろいろと治療方法がわかり、モコの体や心に優しいやり方で、白内障を治してあげることができることを知り、飼い主である私だけでなく家族も皆、よろこんでおります。
モコのような病気にかかっている全ての犬やその飼い主さんに良い知らせになるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です