ドッグクララスティルは特許承認されているの?

人用白内障点眼薬クララスティルは2010年9月に世界で始めてアメリカで特許承認されました。

つまり、その効果や安全性、またいままで誰も発明したことのない、新しい薬であることが認められたということです。

この意味するところは、実に大きいと思います。

クララスティルは10年に亘る臨床実験の結果、人だけではなくイヌ科の動物とウサギにも同様の効果があると判明しました。

その結果を受けて開発されたのが犬&ウサギ用の白内障目薬『ドッグクララスティル』です。

人と同様に犬やウサギの白内障に効果のある薬はこれまで一つもありませんでした。

動物病院で白内障と診断されても、もらえる目薬は白内障を治すのではなく、白内障の進行をただ遅くするだけだったのです。

つまり、白内障は自然治癒せず、一度発症したら、進行をとめることはできなかったのです。

そこで白内障を治療するには手術という手段に頼るしかなかったのですが、

人間の場合に比べて、犬の白内障の手術は、環境的にも、技術的にも、あまり良好とは言えず、飼い主は難しい選択を迫られていました。

しかし、このドッグクララスティルの登場と、特許の承認により、事態は少しずつ変化してくるだろうと思います。

つまり、手術に代わる新しい治療法として、ドッグクララスティルによる治療が加わるということです。

いま、日本やEUでも特許を申請中だと言いますから、特許が認められれば、医薬品として認められる可能性がぐんと出てきそうです。

白内障の治療をあきらめていた人にとっては、朗報だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です