犬の白内障手術の費用

犬が白内障を発症した場合、手術で治すことになりますが、手術に踏み切らない飼い主もたくさんおられます。

というのは、手術にはリスクが伴うことと、犬の寿命は人間よりずっと短いので、そのことを考慮してということがあるのだろうと思いますが、

それを同時に手術にかかる費用の高さがネックになって手術ができないという場合もあるようです。

白内障手術費用は病院によっても若干違うようですが、平均すると、検査料も含めて、片目につき30万円前後は必要のようです。

これは保険がない場合の人間の白内障手術費用とほぼ同額です。

つまり、犬の手術は人間とほぼ同じような器具を使い、同じような手術を行うということです。

むしろ、犬のほうが人間より難しいくらいですので、その分も含まれているのかもしれません。

白内障の手術にかかる費用の大まかな内訳は、術前検査料、水晶体超音波乳化吸引術にかかる費用、眼内レンズ挿入にかかる費用、そして入院代や薬代ということになります。

それらを合わせた合計金額が白内障の手術に必要な費用ということになります。

ちなみに人間の白内障手術も以前は、水晶体の入れる眼内レンズが保険適用外だったので、かなり高額でした、

しかし、幸いなことに、平成4年の4月以降は、眼内レンズも保険が適用されるようになりました。

つまり、人間の場合もけっこうな額が必要だったのです。

また今でも、遠近両用の多焦点レンズを挿入する場合は、保険適用外になります。

高額な手術費を軽減させるために、ペット保険もあります。

犬種として白内障にかかりやすい犬もいますので、ペット保険に加入しておくと安心かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です