犬の白内障の治療方法

ある日、突然犬が散歩に行くことを嫌がったり、物のよくぶつかるようになったら、飼い主はどうしたのだろうと心配になると思います。

そして目をよく見てみると、ぼやっと白っぽくなっているのを発見し、白内障では?と病院に駆けつけることになります。

犬は白内障になっても、自分からそれを飼い主に伝えることができませんので、飼い主が気づいてあげるしかありません。

しかし、気づいたときには、かなり進行してしまっていることが多く、それゆえ、残された治療法の選択も少なくなってしまいます。

とは言うものの、もともと犬の白内障の治療法というのは、大きくわけて、目薬による治療と、外科的手術による治療の二つしかありません。

目薬による治療は、カタリン・カリーユニ目薬等のピノレキシン製剤や、タチオン・ノイチオン目薬等のグルタチオン製剤などを用いて、白内障の進行を遅くさせますが、すでにある程度進行していれば、残された手段は手術をするか、しないかという選択になります。

手術は、まず白く濁った水晶体を超音波で砕き、それを吸い取って取り除きます。

水晶体を取り除いたら、今度は代わりに眼内レンズを入れてやります。

犬用の眼内レンズも最近は良いものが出ているようで、人間に比べると手術の成功率は低いですが、それでも90%程度は治るようです。

ただ、白内障の手術が高額なのと、術後のケア(目薬をさす)が大変なので、それをきちんとクリアできなければ、手術を受けさせないという動物病院もあるようです。

すべての動物病院で白内障の手術を行うことができるというわけではないので、良い動物病院を探さなければならないのも、大きなネックとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です