犬の眼の特徴

犬の眼は、いったいどのように見えているのだろうかと考えたことはないでしょうか。

犬を飼っている人なら、犬の眼は人間と同じように見えているのだろうと思っているのではないかと思います。

しかし、嗅覚や聴覚が人間のそれとは全然違うように、眼も随分と違うようなんです。

臭覚や聴覚が人間に比べて優れているのに対し、視力は必ずしもそうではないようです。

たとえば、動体視力のような、動いている物を捕らえる力は人間より優れています。

また、見える視野も広く、人間の視野が約180度程度であるのに対し、犬の視野は250度~290度近くもあるようです。

また、犬は瞳孔を大きく開いて光を多く取り込むことができ、光を感知する器官も人間の7~8倍もあるために、暗いところでも物がよく見えます。

ところが、これに対し、色の識別などは人間よりはるかに劣っています。

色彩を感知する錐体という器官が人間の10分の一しかなく、犬が見分けられる色はとても限られているのです。

ですから、人間が見ている景色とは違う景色を見ていることになります。

具体的には、青とか黄色、紫はわかるようですが、赤などはわからないようです。

それから、多くの犬は遠くがあまり見えないようです。

人間の視力でいうと、0,2~0,3程度だとも言われます。その理由は、水晶体が人間の倍の厚さがあり、そのためにピントを合わせる能力が弱いと考えられるからです。

ただ、猟犬などは遠くも見えるようなので、犬種によって視力に違いがあるようです。

余談になりますが、犬には人間にはない第三のまぶたと呼ばれるものがあります。

これは瞬膜と呼ばれるもので、眼にはいった異物を取り除く働きをします。

のように手でこすったり、洗い流したりできませんので、こういう器官が備わっているのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です